※おおたクリエイティブタウン事業アーカイブは、観光庁 観光地域振興課「誘客多角化等のための滞在コンテンツ造成」実証事業(第一次)での支援により作成されました。

くりらぼ多摩川

くりらぼ多摩川とは

くりらぼ多摩川とは、「クリエイティブタウンラボ多摩川」の略であり、大田区矢口の工場長屋の一角にある、工場をリノベーションして2013年12月にオープンしました。「モノづくりのまちづくり」を行うための地域交流拠点として、モノづくりワークショップやセミナー、展示企画など“モノづくりのまちならではの体験”をお届けしています。

工場長屋の改修ーくりらぼ多摩川ができるまでー

⼯場⻑屋を改修する際、通り沿いに⾯する事務所棟では、地域に開かれた「モノづくりのまちづくり」を核として⾃然な交流・発信の場が⽣まれるような開放的な空間としました。外観は創造拠点の存在感を際⽴たせ、内装は⽩を基調として、職⼈からクリエイター、地域住⺠が気軽に集まることのできる「交流の場づくり」を⽬指しました。以前は町⼯場として⽤いられていた⼯場棟では、モノづくりの空気を受け継ぐことができるよう既存の下⾒板張の壁⾯や⼟間的空間の空気感を残しつつワークショップや体験、会議、時にはライブや⼩劇場にでもなるような「創造製作所」としての空間づくりを⽬指しました。

くりらぼ多摩川とまちの関わり

くりらぼ多摩川には、「モノづくりのまちづくり」を実践する場として、以下のような多彩な機能が複合的に求められています。
⑴モノづくり体験空間
⑵⼯場⾒学ツアーの窓⼝
⑶モノづくりに関連するデザイナーやクリエイターの活動および発信の場や製品開発を⾏う創造誘発空間
⑷上記デザイナーの作品や町⼯場の製品、魅⼒的なコンテンツなどを発信する創造発信空間
⑸シェア会議室空間・広告空間
⑹職⼈や地域住⺠、クリエイターが集まり気軽に交流できるモノづくり交流空間

くりらぼ多摩川での多様な活動

くりらぼ多摩川では、当初大学を中心としたワークショップや大田観光協会による「町工BAR」などのイベントが中心でしたが、近年では、区民が自主的に活動する「日曜くりらぼ倶楽部」や、クラフト作家・デザイナーのワークショップ、演劇など、拡張した多様な活動が行われています。

運営体制

おおたクリエイティブタウンセンター(OCTC)や大田観光協会が中心事務局となってマネジメントを行い、「大田・品川まちめぐりガイドの会」、「六郷用水の会」、地域の町工場、創作活動を行う団体や個人などをパートナーに位置づけ、「くりらぼ多摩川運営委員会」を組織しています。また同時に、大田区及び各種団体などの協力も得ながら、様々な活動を展開しています。